ブログ
外構のお話宅配ボックスについて

宅配ボックスについて

こんにちは!ウィステリアのスタッフです。

 

ネットショッピング等の利用が増えて、宅配便を受け取る機会が多くなっているのではないでしょうか。

不在時でも荷物を受け取ることが出来る宅配ボックスは今人気の設備です。

設置をご検討中の方もとても増えています。

 

今回は、宅配ボックスについてご紹介します!

 

宅配ボックスのメリット

宅配ボックスを設置するメリットをご紹介します。

 

不在時でも荷物を受け取れる

配達時に家にいる必要がない為、時間を気にせずにお出掛け等用事を済ませることが出来ます。

再配達が不要になる

再配達の手続きをする手間も省けます。配達員の方にとっても、一度で配達を終えることが出来る為、大きなメリットです。

在宅時でも対面せず荷物を受け取れる

家事・子育て等で手が離せない時や、身なりを整えていない時、体調が悪い時等に配達員の方と対面せずに荷物を受け取れます。

 

 

宅配ボックスのタイプ

宅配ボックスには様々な種類があります。

 

簡易タイプ

折り畳み式の箱やバッグ、樹脂製の箱等を玄関前に置き、ワイヤー錠でドア等に固定。

そこに荷物を入れてもらいます。折り畳み式はドアノブに掛けておくことも出来るので、収納場所に困りません。

 

据え置きタイプ

設置する地面のコンクリート部分にアンカーボルトで固定します。

地面に固定する為、大きいサイズの宅配ボックスを設置することが出来ます。後付けが可能です。

 

壁付けタイプ

外壁や門塀等に取り付ける為、コンパクトな荷物が多い方におすすめです。後付けが可能です。

 

一体型タイプ

機能門柱やポストに付属しており、郵便物と一緒に荷物を受け取ることが出来ます。

不在票を確認してから荷物受け取りまでがスムーズです。

 

埋め込みタイプ

門塀等に埋め込む為、外構工事時の取り付けがおすすめです。後ろから荷物を取り出すことができ、

クローズ外構にも使用出来ます。盗難の危険性が少ないです。

 

 

宅配ボックスを選ぶポイント

宅配ボックスを選ぶ時のポイントをご紹介します。

 

よく注文する荷物のサイズを確認する

せっかく宅配ボックスを設置しても、荷物が入らないサイズでは意味がありません。よく注文する荷物のサイズや荷重を確認してから選びましょう。設置場所に余裕があれば大きめがお勧めです。

設置場所・設置方法を考える

動線の邪魔にならない、扉の開け閉めがしやすい、荷物を取り出す時雨に濡れにくい等、使用時のことをよく考えて場所を選びましょう。設置方法は宅配ボックスのタイプ、サイズ、場所等を踏まえて判断が必要です。使用頻度が多い場合は、据置きタイプの宅配ボックスを玄関脇に設置することをお勧めします。

操作性・防犯性を考える

暗証番号を設定するタイプやプッシュボタン式、南京錠等、施錠方法は様々です。施錠・解錠操作のしやすい宅配ボックスがお勧めです。

 

 

宅配ボックスに入れられない物

便利な宅配ボックスですが、入れることが出来ない物もあります。

代引き荷物

着払い荷物

クール宅急便等

これらの荷物は従来通りの受け取りが必要になります。

 

 

近年、多くの方々から宅配ボックスが検討されるようになりました。

メリットがある分、デメリットももちろんあります。

「もっとこうすれば良かった」と後悔する声もあります。

デザインはもちろんですが、サイズ・種類・素材・機能性・設置場所等をよく検討して、自分に合う宅配ボックスを見つけましょう。

 

 

外構工事なら、気軽にウィステリアにご相談ください。

お庭、新築外構のご相談お見積りをお受けしております。

https://wisteria-exterior.com/contact/

 

お問い合わせ | wisteria(ウィステリア) (wisteria-exterior.com)