施工事例
施工事例宅地造成工事例:4

宅地造成工事例:4

鈴鹿市高岡台内 2019年4月完成の宅地造成物件です。

 

宅地造成は、家を建てるために安心安全な地面の基礎を造る工事です。

高低差の激しい土地をならしたり、盛土などで土を入れて高くしたり、また、高く持った土が流れ出ないよう土止めする作業を指します。

もともと田園であった地盤の弱い土地に対しても、宅地に向くように造成工事を行います。

 

Before & After を画像でご覧いただけます。

まず4枚の画像は、Beforeです。畑の畝であった凹凸が見られます。

前面道路から見て一番奥の箇所は、となりの敷地との高低差があり、土留めされています。

 

 

 

では、宅地にふさわしい土地になるよう、造成していきます。

以下はAfterの画像です。

まずは、前面道路から見て左端の電柱付近を起点に見てみましょう。

 

 

次に、道路手前に見える桝(マンホール)ですが、

蓋の高さと地面の高さを見ながら土地全体を高さ調整します。

草部分をすきとり作業した後の状態です。

 

道路との高さを見ながら調整しています。

いかがでしょうか。広い範囲で凹凸はきれいに均されました。

こうして宅地にふさわしい土地への改良を行い、家を建築する準備がようやく整います。

 

 

ウィステリアは、宅地造成工事をお受けしています。

サービス | wisteria(ウィステリア) (wisteria-exterior.com)

 

voice
宅地造成工事4
鈴鹿市高岡台内

2019年4月